■第3回(平成28年度第2回)「京都府青少年すこやかフォーラム」を開催しました。

                        

                 ●勝間会長挨拶●           ●第1部 「明るい家庭づくり(家庭の日)絵画展」表彰式●          

                

               ●第2部【講演1】 足立 弘氏●                ●第2部【講演2】 齋藤常子氏●

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

   京都府の青少年の健やかな成長を願い、青少年をめぐる喫緊の課題に対して、青少年育成関係者等が「学び、考え、
   行動する」機会とし、青少年健全育成に資することを目的に開催しました。
   当日は、多くの方に御参加いただき、フォーラムを無事終了することができましたことに、大変感謝しております。
   御参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日  時   平成29年3月11日(土) 13時00分~16時00分 
場  所   京都府総合社会福祉会館(ハートピア京都)「大会議室」 
参加者    200名

内 容         

   -第1部-

      第20回「明るい家庭づくり(家庭の日)絵画展」表彰式


  -第2部-

      【講演1】 

       テーマ「最近の少年を巡る問題」

        足  立   弘 氏(京都府警察本部生活安全部少年課 少年サポートセンター副所長)

 ◆◆参加者の感想◆◆

  ・子どもには何も罪はない。身勝手な大人の言動や行動で子どもは傷つき被害にあっている。家庭環境は一番大切でも地域がしっかりしたら、
  素晴らしい町づくりが出来ると思いました。
  ・地域に正しい情報を伝えて行き、子どもから信頼される大人になりたいと強く感じました。
  ・一人一人が情報を伝達し、家庭や地域に広めていくことが大切だということがよくわかりました。
   

         【講演2】

        テーマ「地域がかわり こどもがかわり 未来がかわる」

        齋  藤  常  子 氏(京都府更生保護女性連盟 会長)

 

 ◆◆参加者の感想◆◆

  ・どのような活動をされているのか、とても丁寧にお話ししてくださり、よくわかりました。地域の一員として、自分もするべきことできることがあるん
  だとわかりました。ま行動に移すことですね。
  ・一人一人が情報を伝達し、家庭や地域に広めていくことが大切だということがよくわかりました。

ページの先頭へ戻る